動画の変遷

動画の変遷

動画は現在ではあまりにもあたりまえにあり、日常にあふれています。受身としての見るだけの動画ではなく、編集したり、発信したりいろいろな楽しみ方が増えました。動画という概念すら数十年前では考えられなかったことです。

 

テレビや映画もない時代では絵画や写真などの静止画しかなかった時代から動画が登場したときは人々はさぞ驚いたことでしょう。映画やテレビなどは人を夢中にさせて社会現象にまでなったようです。

 

当時は動画といえばありがたみのある特別なものだったと思います。しだいにレンタルビデオやビデオカメラなどが登場してより動画が一般の人々にも身近に感じられるようになってきました。

 

アニメーションも数多く作られ、動画を見ることはめずらしくなくなっていきました。そして動画をさらに楽しめるものとしたのがパソコンの登場でした。パソコンで動画を編集できるようになるとCGなども一気に発達して動画のバリエーションも増えていきました。

 

また、動画の編集などは専門家でないとできないものでしたが一般の人でも簡単にできるようになりました。

 

ネットではユーチューブなど動画投稿サイトも登場し、誰でも世界に向けて動画を発信するような時代になりました。